STAFF COLUMN 村松 千歌のコラム

オーナー様の不安材料を解消

  • 2007.01.20
一括借上とは?
建物管理会社(弊社では㈱第一管財)が建物所有者(家主様)より建物を転貸目的に賃貸し、第一管財が転貸人となりお客様(転借人)に賃貸するシステムです。
一般的にサブリースと表現されています。
もっと簡単に言えば、家主様に対する借主は第一管財となり、毎月家主様にお家賃をお支払いします。第一管財は、そのお借りしたお部屋を転貸しお客様に入居して頂きます。

入居者様のメリットは?
入居者様にとって、入居中の不安は「入居中のトラブル」だと思います。
深夜にお湯やお水が出ない・鍵を無くしてしまった・困ったけどどこに連絡すればいいの・・?
など、通常使用していても色々な事があります。
第一管財の物件は全て、関連会社である第一サービスの24時間管理対応となっております。
入居者様に末永く安心して快適に入居いただける事を第一に心掛けて対応させて頂いております。

家主様のメリットは?

借り手市場の状況下、空室の危険が増加するなか、家主様に対する借主は第一管財となるので、たとえ空室になっても、毎月お家賃をお支払いさせて頂きますので「空室危険を回避」し、同時に家賃滞納などの不安材料もなくなります。家主様には「賃貸経営の安定」を目指して頂きます。
また、借主からのトラブル連絡等により深夜や休日にも対応に負われたり、退去時の敷金精算を伴う負担割合交渉等についても、これまでの様な簡単に「敷金精算」という訳にもいかなくなり、ガイドライン等による専門的知識を求められております。そんな様々な賃貸経営の煩わしい業務を家主様に代わって行います。

第一管財では、この様な業務を行っております。
※静岡駅前店におりますので、お気軽にお問い合わせください。(現在は田町店に在籍しております)

※2010年4月30日をもって第一不動産静岡駅前店は、静岡南店に統合しました。

建物一棟一括借上の担当をしています。

第一管財では、2006年2月現在33棟491戸を取り扱っており、既存(中古)マンション・新築マンション・駐車場・倉庫・店舗(雑居ビル)などの、様々な賃貸物件をお預かりさせて頂いております。

これまで、主に建設会社が賃貸マンションを新築建設した際に、建設会社のグループ会社である不動産会社がこの様な借上システムをご提案していたと思いますが、第一管財では築年数の経過した既存(中古)の賃貸マンションを主にお預かりさせて頂いております。

賃貸経営は、空室の不安・滞納・苦情・建物維持管理・敷金精算交渉等、数々の煩わしい出来事が多く、特に空室・滞納等は安定した賃貸経営が困難となります。

この様な、オーナー様の不安材料を解消できればと、建物一棟一括借上をご提案させて頂いております。

日々、オーナー様と同じ気持ちで「空室」を減らす努力をし、オーナー様と同じ立場になり建物維持や入居者等からの「苦情」対応など日々奮闘しております。

このような日常的な業務を通じて、賃貸経営の困難さを一番理解できると思っておりますので「最近空室が多くて不安」など、少しでも賃貸経営での不安がございましたら、ご相談下さいませ。

1日に1度は、道を歩いていると人に道を聞かれます。話しかけやすいタイプ(顔)みたいですので、どんな事でも結構です、お気軽にご相談下さいませ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 第一不動産  不動産免許番号:静岡県知事免許(9)第5704号

本社:〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5丁目10番地の1

TEL:054-272-1111(代)/FAX:054-272-1395