STAFF COLUMN 村松 千歌のコラム

賃貸マンション経営の難しさ

  • 2007.12.28
賃貸マンション経営の難しさを実感する今日この頃

建物一括借上担当をしておりますが、俗に言う「家主業」を所有者様の代理として行っているのが日常的な私の業務なのですが「本当、大家さんて大変だなぁ」とつくづく思います。

簡単に大変といっても、空室・滞納・苦情等々・・事件がよくもまぁ毎日毎日続々発生している。
その中で、滞納者との交渉についてノンフィクション?で生々しくお伝えしたいと思います。

何年か前の、とある慢性的滞納者である借主(以下「おぢさん」という)との出来事
幾度も督促交渉中、自分で滞納額は支払うので連帯保証人へはどうしても連絡しないで欲しい。
連帯保証人は仕事上の付き合いの方だし、迷惑は掛けられない。
との言葉を信じても数ヶ月後からまた滞納する。これを数回繰り返された。
信頼関係はまったく無くなったので、おぢさんを事務所に呼び出し、おぢさんの意思で解約し退去して頂きたい、滞納額について支払い方法の提示をしてほしいと伝える。
私が女だからか・・なめられているのか・・おぢさんは少し笑みを浮かべながら(私にはそう見えた)「退去すると言っても、引越先が決まらなきゃ退去できないし、引っ越しするとなるとまとまった金が掛かるし、滞納返済方法できるかどうか・・・」と平気な顔で言った。

この穏やかな性格の私でも、いい加減、頭に血が上ったが(これをストレスという)本人は退去する意思があるが、今日この場で移転先を決定しなければまた裏切られてしまう、このままでは滞納額は増える一方だと、グッッとこらえて冷静に、にっこり笑い一言。「移転先を探しましょう」。

その後は営業にお願いしてこの時よりはるかに安い賃料の移転先を決定、引越の段取りを行い、毎月○万円返済誓約書のとおりに回収を開始する事になった。

無事に退去・返済誓約ができた事は良かったとしても、この誓約書とおりに支払いを完了するまでには、紆余曲折の長い長い戦いがあったのですが、書き始めるとこれまた長~~くなるので、また今度ということで・・・とにかく、この時はとりあえず滞納賃料を完済。旨をなでおろしたのであった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 第一不動産  不動産免許番号:静岡県知事免許(9)第5704号

本社:〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5丁目10番地の1

TEL:054-272-1111(代)/FAX:054-272-1395