STAFF COLUMN 村松 千歌のコラム

孤独死

  • 2009.12.24
コラムなので、明るい話を書こうと思いましたが今回は少し重い話を書きます。

ここ最近多くなってきましたが、誰にもみとられず室内で孤独死している事があります。
この様な現場に立ち会う事があるのですが死後かなりの日数が経過している事が多いです。
室内は、ついさっきまで生活していたままの状態で亡くなっています。

静岡はまだ近所付き合いは多い方だとは思いますが、やはりアパートの様な共同住宅だと、隣に誰が住んでいるのかすら干渉しない事がほとんどです。
なぜここまで誰にも気が付かれなかったのか?親族や友人なども誰もいなかったのか?と、いつも考えてしまいます。

私は静岡で言う下町で生まれ育ったからなのか、子供の頃には家の玄関にガギを掛けた事はありませんでした。いつも近所のおばさん達の目が見張っていてくれていたからだったと思います。

何かあれば助けてくれ、宅急便等も預かってくれる管理人みたいな世話好きご近所さんが沢山いました。時代は変わり物騒な世の中になったのか、セキュリティーだの防犯カメラだのが必需品になっている現在、この孤独死を防ぐ方法があるのか考えさせられます。

色々な事情があり高齢になっても一人暮らしをする方は、今よりもっと増えてくると思います。

まずは、お隣さんやご近所さんに挨拶から始めて、少なくても最近見ないなとか新聞溜まってるなとかくらいの関心を持つだけで、発見が早くできる様になるのではないかと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 第一不動産  不動産免許番号:静岡県知事免許(9)第5704号

本社:〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5丁目10番地の1

TEL:054-272-1111(代)/FAX:054-272-1395