スタッフ紹介

青島 寛乃Aoshima Hirono

スタッフ
所属:第一不動産

説明上手になれるように日々がんばりたいとおもいます。
家賃入金管理担当。自称!!社内一の愛犬家。滑舌よく・ハキハキ話すように心がけています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青島 寛乃のコラム

2017.04.20 青島寛乃 の自己紹介 

staff-sho
主にこんな仕事やってます

・鍵の管理業務
・解約受付
・家賃の入出金管理
・各種検針管理

近々実現したいアイディアはこれだ!

・鍵貸出システムの改良

挑戦中の資格、スキル

・スマホが無くても外国の人と会話ができるようになりたい。

4

・ 外国人入居者様とのやりとりを円滑に進めるため。
※解約や、家賃の入金状況を確認する際、会話ができず困ることがあるので。

5

・小学生向けに職業体験する場をもうける。




◎青島寛乃 はこんな人間


自分に二つ名をつけるとしたら?

・特にありません。

2

・買い物

3

・旅行に行く。

4

・短所⇒大雑把・飽きっぽい

5

・剛健進取

6

・母親

7

・豪華客船に乗って世界中を旅したい。

8

・日本平動物園

9

・焼き鳥

2014.05.23 静岡LOVE 

静岡LOVE

みなさんは何県出身ですか?

私は生まれも育ちも静岡県静岡市です。

他県から静岡にお引っ越し来られる方、他県にお住いの家主様達とお話しているとたまに聞かれるのが『静岡ってどんなところ?』

ってことで静岡市をちょっとご紹介させて頂こうと思います。

静岡=富士山ですよね。

静岡市は車や電車に乗りながら富士山を見ることができます。

家から富士山が見えるってお宅も多いと思います。

常に富士山がみえるのが当たり前だと思っていましたが東京のお客様に言われた事ですが、それってとても贅沢な事なんですね。

弊社でも富士山が窓から見えるお部屋ご用意していますのでお問い合わせ下さい。

他には静岡市の穴場スポットと言えば『鷹匠』ですかねぇ~

路地を入ればオシャレで美味しいお店が沢山あります。

色々散策をして自分の隠れ家的なお店を探すのもいいかと思います。

私はたまに鷹匠散策しますがお気に入りのお店何個かありますよ。

あと静岡駅からはだいぶ遠くなってしまいますが『日本平動物園』いいですよ。

去年リニューアルが終わり生まれ変わりました!!

ホッキョクグマのダイブやアライグマの食事を間近で見ることができたりして、今まで遠くで見ていた動物達を近くに感じる事が出来ます。

そして別途お金を払ってリフトに乗って頂上に行くと静岡市を一望できる絶景スポットになっています。

芝生なのでご飯を食べたり、寝そべったり、遊んだり楽しむことができます。

まだまだ静岡の良さオススメスポット沢山ありますが書ききれないのでこの辺で締めさせてさせて頂きます。

静岡は年中通し気候もいいですしとっても住みやすい所です。

静岡市に住むなら是非第一不動産にご連絡下さい。

2010.12.18 子供の成長は早いですねぇ・・・ 

友人達の出産が続き、 最近子供と接する機会が多くなりました。

子供の成長は早いですねぇ・・・。
1ヶ月見ないだけでもハイハイができるようになったり、歩くようになったりとできる事が増えていてビックリします。

その事を友人に言うとその友人が『私も子供に色々教えてもらいなが母親として日々成長しているんだよ。』と言っていました。

その言葉を聞いて、私は感心するばかり・・・私には何か日々成長している事があるのだろうか?

学生時代は少なからずとも検定・試験の勉強をしたり毎日テニス部で実力をつけるためにがんばっていました。

しかし、今の私は自分自身成長する為にがんばっている!と自慢できる事は、あまりありません…
毎日の業務の中で少しずつ成長してきた事も勿論ありますが、もっと自分が大きく成長できるように日々努力せねば!まずは、資格試験から挑戦です。

2009.12.24 犬がとっても苦手 

私は今まで犬がとっても苦手でした…
むしろ、嫌いな動物の一つでした。(愛犬家の方達ごめんなさい)小さい頃から家で動物を飼った事が無く、犬と言えばワンワン・キャンキャン飛びかかってくるというイメージ゙があり、なおかつ犬に噛まれた経験がある為どうしても好きにはなれませんでした。

そんな我が家で1年半ぐらい前から犬を飼い始めました。しかも私は犬を飼うなんて知らされていませんでした。両親いわく、私に言っても反対するだけだから言うだけ無駄だと思った。との事でした…
ある日家に帰ると小さなミニチュアダックスが家の中を駆けずりまわっていました。私は状況がつかめず唖然としたのを覚えています。
それからというのは家に帰るのがとても苦痛でした。家に帰っても犬と戯れることはまずありませんでした。
そんな私が不思議と時間が経つにつれて犬と接する事に抵抗がなくなりました。
その理由の一つに、吠えたり噛んだりされなかったからというのがあります。私は、過去のトラウマから犬=吠える・噛むという固定観念があり犬全部がそうだと思いこんでいました。
しかし、実際接してみると、そうではなく逆に癒されたりすることもありました。
今となっては私も愛犬家の一人となっています。

今回の事で、イメージや過去の固定観念だけで物事を判断するのは大きな間違いだという事を再認識しました。
それは人間関係でも同じだと思います。
苦手だと思う人でも一歩自分から歩み寄ってみたら案外気が合う人だったなんて事も過去に何度かありました。
自分から歩み寄るのは勇気がいる事ですが、今後は自分の固定観念だけで判断する事無くいろいろな人と接していきたいと思います。

2007.12.28 テニス! 

最近友達とテニスをしました。
中学・高校とテニス部だったので高校を卒業した後も時々はやったりしていましたが、ここ最近は友達との予定も合わずラケットを握ることはありませんでした。

その為、最初は感覚を取り戻すところから始めました。
初心に戻り基礎から忠実にやっていましたが、感覚を取り戻したころには体力が限界に近づいていました。

私だけ休憩しながらやっていましたが、隣のコートを見ると60代と思われる人達が元気に声を出しながらテニスをしていました。
「若いなぁ」と思いながらその後もテニスをしながら隣のコートを気にしながらみていましたが、休憩もあまりとらずにまるで高校の部活みたいな感じでもくもくとテニスをしていました。
私も負けないように一所懸命友達についていきましたが、体力は消耗していく一方でした…

帰りに隣のコートの人と一緒になった為「元気ですね」と私が問いかけたところ「テニスをしているから元気だし、テニスをしたいから元気でいようと思うんだよね。お姉ちゃんまだ若いんだから休憩ばっかりしていちゃダメだよ。」
と笑いながら帰っていきました。

私はその言葉を聞き、私自身今したい事も目標もなくただただ日々を過ごしているだけの生活を見直さなくてはならないと思いました。

一度しかない人生なんだから熱中できる事・目標を探して一日一日を大切に生きていこうと改めて実感した一日でした。

2007.09.28 私の期間限定の趣味 

私の期間限定の趣味についてお話させて頂きます。
ほとんど趣味などなかった私が6年前に出会ってしまったものがあります。
それは、『スノボード』です。
今まで冬のスポーツをした事がなく冷え性で冬は必ず霜焼けができてしまう私にとって、
友達から誘われた時はとても抵抗がありました。その時断る事もできましたが、友達が
『絶対に楽しいからやろうよ!!』と言った言葉を信じて、一度ぐらい経験しておこうと思い
やってみることにしました。

実際やってみると両足固定されている為うまく立つ事もできませんでした。
なんとか立つ事ができたと思ったら両股と両肩がこの上なく痛かった事を今でも覚えています。
それに滑れない為ほとんど動くこともなく雪山にいるので寒すぎて途中で、もうやめたいと思うようになっていました…。

317_001

弱音をはいている私に友達は嫌な顔一つしないで必死になって体重のかけ方のコツなどを教えてくれました。今思えば、せっかく遠い道のりを時間をかけてきたのに私につききりで教えてくれたので友達自身満足に滑る事ができず大変申し訳ないと思います。
(でも、今私がスノーボードを続けているのはこの時の友達の励ましがあったからだと思います。)
友達のおかげでちょっとづつコツをつかんできたころにはもう夕方でした…。

まだ滑っていると言うにはほど遠い感じでしたが、ちょっとづつでもコツをつかんでくるともっと前に
進みたいという気持ちが強くなり、帰る頃には『今度はいつにする?』と自分から言っていた記憶があります。

それからというものは冬はスノーボード一色の生活が始まりました。滑れるようになってくると、あのスピード感は今まで体験した事が無くて、なおかつマイナスイオンの中風を切って滑るのは本当に気持ちがいいし、リフレッシュできます。
山の頂上から雪景色を見ながら降りてくるのもとても贅沢な気分です。
それに、あんなに寒いと思っていた雪山ですが実際滑っているとウェアの中は汗だくになっている事すらあります。

今では、ジャンプや回転ができるように練習しているのですが、飛ぶ勇気と転ぶ勇気が無い為なかなか上達しません…体が動くうちになんとしてでも技を習得したいというのが今の目標です。
しかし、楽しい反面危険と隣合わせのスポーツなので一瞬の気のゆるみが大きなケガにつながってしまいます。骨折や入院などすれば仕事にも支障がでてきてしまうと思うので、そういう事もしっかり頭の中に入れて上手にリフレッシュしていきたいと思います。

まだまだ暑い日が続きますが私の頭の中はもう少しで訪れる冬の事で頭がいっぱいです。

2006.03.01 毎朝のトイレ掃除 

第一不動産に入社してもうすぐ4年がたちます。高校卒業後すぐ入社したので最初社会の右左などなにもわかりませんでした。先輩に言われた事だけやっていたのでこの仕事は何のためにやるのかなぁと思いつつ仕事をしていたのを思い出しました。高校時代商業高校だったので簿記はある程度わかるだろうと思いましたが、実際は全然ちがい、とまどったこともありました。仕事を教えてもらってメモをとってもすぐに忘れてしまい、なおかつ次から次へと新しい仕事を覚えなければならないという焦りがありました。

こんな毎日が時間に追われいっぱいいっぱいの生活だった私にとって少しの間だけ安らげる場所がありました。すこし暗い子と思われるかもしれませんが毎朝のトイレ掃除です。トイレは私にとっては一人になれ、仕事以外の事を考えられる唯一の安らぎの場所だった気がします。しかも意外と夏場は冷たくて気持ちがよかったりします…

‘あれから4年’私はいろいろな先輩たちからたくさんの事を教えて頂き、時には怒られ時には慰めてもらい全然成長しない私を暖かく見守ってくれたおかげでここまでやってくることができました。そして今では後輩もできました。私のわかりにくい説明に必死に耳を傾け聞いてくれているのをみると時々申し訳ない気持ちになります。

今まで自分が教えてもらう立場だった時はあまり感じた事がなかったのですが、後輩ができて改めて人に教えるというのはとても大変な事というのを実感しました。しかも説明が得意ではない私には大問題です。

後輩だけでなく説明というのは生きていく中でかならず必要なことです。なので今年の目標は説明上手になれるように日々がんばりたいとおもいます。
  • 店舗紹介
  • スタッフ紹介
  • 不動産のまめ知識
  • メールマガジン登録はこちら
  • 79.2MHz 毎週月曜日:17:25〜第一不動産出演中!

株式会社 第一不動産  不動産免許番号:静岡県知事免許(9)第5704号

本社:〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5丁目10番地の1

TEL:054-272-1111(代)/FAX:054-272-1395