不動産のまめ知識

空室対策実践塾「繁忙期に「やるべきこと」とは?」

  • 2016.02.04
繁忙期のうちに、オーナーと管理会社が協力して、空室と退去予定の部屋を満室にしなければなりません。

基本的な空室対策を、お復習い(さらい)しておきましょう。

 

まず物件には競争力が必要です。

と言ってもライバルに「圧倒的な差」をつけると費用対効果が合わなくなりますので、「ちょっとした特徴を持たせる」という程度でよいのです。

繁忙期とは、例えば100戸の1Kが募集中のところに70~80人のお客様が部屋を探しに来て、結果として20~30戸の空室が残るという期間です。

通常よりも「出入り」が多いだけで、繁忙期だから全ての空室が埋まるのではありません。

ここで選ばれる「何か」を持たないと空室として残されてしまうでしょう。

その「何か」とは、立地や、外観や、設備や、間取りなど、物件によって異なります。

ある物件は、玄関を入った時にパッと目につくクロスを貼って、姿見用の鏡を設置するだけで「ちょっとした差」を演出しています。

キッチンやユニットバスにカラーシートを貼るだけでも「ちょっとの違い」を感じていただけます。

お客様に「ワァー」と言ってもらえる「何か」が大事なのです。

費用をかけないなら家賃を相場より5%下げるとか、フリーレント等のサービスも「何か」のひとつです。

これが競争力になります。

85b558cd21f8a63fc8b1d98a3c98fd78_s

そして、多くの中から部屋を見ていただいたお客様に、アピールできる用意が必要です。

たとえばオーナーからの、「内見していただいて有り難うございます」という感謝のメッセージを掲示しておくことで、オーナーの気持ちを伝えることができます。

不快な空気が充満した部屋には空気の入れ換えが必要です。

もし、物件の近くにお住まいでしたら、天気の良い日には窓を開放して空気の入れ替えをしてください。

管理会社に任せていると思いますが、オーナーほどは頻繁には来られないでしょう。

ご自身がやることによって、募集中の部屋に細かな気遣いが生まれます。

それが、部屋を見に来たお客様に伝わります。

お客様が部屋を見たときに、何もない殺風景な部屋より生活感の感じられる部屋の方が良いに決まっています。

そこで、玄関マットや照明器具やカーテンなどを取り付けるようにしましょう。

気に入ったなら、そのままお客様に使ってもらうことが出来ますし、それが部屋を決める「きっかけ」となることもあるのです。

48b4d2e3f12fc28a628108faa890dd88_s

「他の部屋に差を付ける」と言っても、予算の都合で「少しの差」しか演出できていないとしたら,最後は「見せ方」が勝負になります。

そして100戸の空室に対して70~80人のお客様しかいないとしたら、アピールできることは何でもする必要があります。

すでに繁忙期の真っ最中ですので、基本的な空室対策を実施されて、ぜひ良い結果を残していただきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 第一不動産  不動産免許番号:静岡県知事免許(9)第5704号

本社:〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5丁目10番地の1

TEL:054-272-1111(代)/FAX:054-272-1395