スタッフブログ

寒くなってブラックバスが釣れなくなったので、最近はワカサギやヒメマス釣りをやっています。田町店イズカワです。

  • 2021.02.22
寒くなってブラックバスが釣れなくなったので、最近はワカサギやヒメマス釣りをやっています。田町店イズカワです。

そんな矢先、ワカサギ竿の穂先を折ってしまいました…。
しかし、ワカサギを釣っていていつも思ってました。
「穂先くらいなら自作出来るのでは?」と。
買い直した方が安いのは承知ですが、私のプラモデラー魂がザワつき始めてしまったので、穂先の自作を決断。

材料は、①グラスファイバー製の穂先素材(幅5mm) ②ステンレス製針金(ガイドに使用) ③丸い木製のひご(直径5mm) ④プラモデル用の材料諸々 以上。

まずは穂先素材を紙ヤスリで削り、自分の好みの調子(しなり具合)に調整。
ちなみに、私の好みは「ちょっと固めの先調子」。
次は、直径5mmの丸い木製のひごを整形、穂先の抜き差し部分(フェルール)になります。
その後、穂先と木製フェルール部品を接着。
穂先のバット(根本に近い部分)は余った穂先素材で補強。

穂先の硬化を待つ間、ステンレス製針金でガイドを作成。
細いドライバーの先端に針金を巻き付け、さらにドライバーの先端より細い丸柱に針金を巻いてガイドの足を再現。

穂先硬化後、全体の形を紙ヤスリで整え、プラモデル用サーフェイサーで表面を整える。
穂先やガイドスレッドの色は、ブラックバスのオールドタックルにありそうな色をイメージ、私の思い込み(?)でクリーム色系で仕上げました。
最後に、ウレタン系やエポキシ系のトップコートでコーティングし、完成!

文章にすると順調に完成したように聞こえるかも知れませんが、実は失敗の連続。
ただ、物を作る楽しさを思い出させてくれた、久しぶりの経験でした💛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 第一不動産  不動産免許番号:静岡県知事免許(9)第5704号

本社:〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5丁目10番地の1

TEL:054-272-1111(代)/FAX:054-272-1395